Photo Gallery2

HOME > Photo Gallery3 > シンボルツリー

カテゴリー

シンボルツリー 

1485421994_R simato_R

シマトネリコ

トネリコ属では数少ない常緑樹です。美しい小葉が規則的に並ぶ奇数羽状複葉から降り注ぐ木もれ日が
涼しげでさわやかな印象を与え、人気を呼んでいます。5月下旬から7月にかけて、枝先に小さな白花が房のように咲き、
やがて結実して白色の翼(よく)をもったタネが見られます。タネは樹上に長くついているので
遠目に見ると花が咲き続けているようにも見えます
hainoki 1485652716
 1485652742

ハイノキ

近畿以西の温暖な地を原産とする常緑樹。涼しげな葉の様子や野趣あふれる樹形が魅力で、近年はシマトネリコと並んで人気の高い木となっている。成長が緩やかで大きくなりにくいため狭い庭でも管理しやすい。雌雄同種で、4月から6月にかけてギンバイカのような白い花を樹冠いっぱいに咲かせる。花びらは5枚で雄しべが非常に長いのが特徴。夏から秋にかけてできる実は黒紫色に熟し、野鳥にとって格好の食糧となる。ハイノキの材から作った灰汁が、染物をする際、染料を繊維に定着させる「媒染剤」に使われたことから名付けられた。材は緻密で将棋の駒や箸、民芸品などを作るのに使われる。

imgp3026 162189021_624

ソヨゴ

雌雄異株しゆういしゅという、同じ樹種でもオスとメスに分かれ、メス木のみ実をつけます
他のモチノキ科同様、真っ赤な実をつけますが、ぶら下がるようにパラパラと実をつけるので、
とても上品な印象を与えます。
名前の由来は、葉の形が風にそよぐ(ソヨゴ)ように波を打つような形状をしていることや、
実際に風に吹かれると葉っぱ同士がこすれてシャラシャラと他の木にはない音で耳を楽しませて
くれることなどと言われています。


yamaboushi_dai ヤマボウシ.jpghana
 ヤマボウシ.jpgha

ヤマボウシ

晩春~初夏に白い花を咲かせる落葉高木です。本州から九州の山地に自生していて、樹高は5~15mほど。白い花のように見える部分は総苞(そうほう)と言って、ハナミズキの花に見える部分同様葉の変化したものです。葉は4~12cmほどのだ円形でやや波うっています。ヤマボウシとハナミズキを見分けるポイントは葉の出るタイミング。ヤマボウシは葉が開いてから開花しますが、ハナミズキは葉が出るより前に開花します。果実は熟すと生食でき、紅葉も美しいので人気のある花木です。


2017-08-02_16-45-56_445_R 1280px-Fraxinus_lanuginosa_f._serrata_2
Wakabayashi-Approach2

アオダモ 

庭のシンボルツリーとして人気の高い樹木です。人気の秘密は何といっても幹の色の美しさ・面白さにあるのではないでしょうか。成長すると幹に白い斑点のような模様が見られるのがアオダモの特徴で、その色あいはまるでシラカバのよう。一本あるだけで高原の雰囲気を味わう事ができます。 また、名前の由来ともなっているのが雨に濡れた時の色。雨が降った後、アオダモは樹皮が緑青になります。超時間水に漬かっていた枝は蛍光っぽい青になります。白い小さな花を付け雌雄の株があれば実もなる樹木ですが、花や実だけでなく幹や枝の色で楽しめるのがアオダモの特徴です。

   hanamaaizuki  cornus7
cornus8

ハナミズキ (花水木)落葉

アメリカを代表する花木で、カナダのオンタリオ州からアメリカのマサチューセッツ州、テキサス州、メキシコ北東部にかけて分布します。正式な和名はアメリカヤマボウシですが、別名のハナミズキのほうがよく知られています。丈夫で育てやすく、若木は枝のまとまりもよく比較的場所をとらないので、家のシンボルツリーや街路樹に広く利用されています。

春に八重桜の咲く頃、枝いっぱいにかわいらしい花を咲かせます。花びらは正確には苞(ほう)と呼ばれる葉っぱです。苞は丸みがあり、先端がくぼんでいることが多いです。花の本体はその中心に丸く集まった部分です。花色は白、ピンクがあります

katura_R katura 葉_R

カツラ(桂)

雌雄異株の落葉樹です。樹高20m以上にもなる高木ですが、見上げれば広円錐形から卵形の整った
自然樹形が美しく、個々の葉は愛らしいハート形をしています。雌株、雄株ともに花弁のない花は、
雌しべの赤い柱頭と雄しべの赤い葯が新緑に先駆け、それぞれの樹形をほのかに赤く浮かび上がらせます。
その後、新緑から木もれ日を注ぐ夏の葉となり、秋には鮮やかに黄葉し、やがて整った樹形と枝ぶりが
美しい冬の姿を現します。さらに、視覚だけではなく、黄葉した葉から放たれる甘い香りで周囲を包みます

大きな羽状葉が反り返るが、全体がよくまとまった樹形になる。葉の下面が帯白緑色で、幹も白っぽいため、遠くから見ると全体が白っぽく見える。幹に残った古い葉柄を、同じ長さに切り揃えると、パイナップルのようになり、特徴的な面白い模様になる。カナリーヤシやワシントンヤシなどのように大木にならないので、比較的小面積の場所の修景にも向く。耐寒性が強く、ヤシ類の風情を生かす植栽に適した造園樹。

2017-08-02_16-46-12_157_R コナラ-ドングリ_R
コナラの紅葉-画像_R

コナラ(小楢)

山林中に最も普通な落葉木で、葉を上面緑色、下面粉白色をおび、秋になると銅色に紅葉し
雌雄同株で4~5月になると雌雄それぞれの花が咲き、秋にはドングリができる。

bc211f15445deefcb9c3726ae672426b 2d48a8e86ee219c0140ddfcf04f7162a-480x320_R
 d65d83a5610d02c4367cb94ce5f534e0_R

イロハモミジ

「イロハカエデ」が本来の呼び名。

・葉っぱが5~7つに大きく裂けることから、イロハニホヘトの文字を当ててイロハモミジ(あるいはイロハカエデ)と呼ばれるようになった。別名のタカオモミジは京都の高尾山に由来する。本種とオオモミジを併せてタカオモミジ(カエデ)と呼ぶこともある。盆栽の世界ではイロハモミジを「ヤマモミジ」と呼ぶ。

 ar9ro9W4iRbUd8l394WpYo0EyVA6UtIu83eYO_yzgqIpX92IB_R

ココスヤシ

大きな羽状葉が反り返るが、全体がよくまとまった樹形になる。葉の下面が帯白緑色で、幹も白っぽいため、遠くから見ると全体が白っぽく見える。幹に残った古い葉柄を、同じ長さに切り揃えると、パイナップルのようになり、特徴的な面白い模様になる。カナリーヤシやワシントンヤシなどのように大木にならないので、比較的小面積の場所の修景にも向く。耐寒性が強く、ヤシ類の風情を生かす植栽に適した造園樹。

 IMG_2575_R_R lucca_5
 lucca_3

樹勢が旺盛でオリーブらしい美しい樹冠を形成します。長年放任すると横に開いたような伸び方をしますので
2年に1度は剪定をし樹形を整える方がよいでしょう。
放任樹形は開帳型を呈します。葉は卵型に近い巾広の可愛い葉型です。
果実は小ぶりな豊産性タイプ

オリーブ(ルッカ)


一覧に戻る